6 strings messing world

音楽、ニュース、映画、ひとりごと、アフィリエイトなどいろいろなことを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


僕たちの未来、ひとつの構図

今日、非常に痛ましいニュースを見た。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051019-00000404-yom-soci&kz=soci

僕らの今の年齢では想像することは難しいが、あえて
してみれば、夫婦ともども入院している身で、お互いを
哀れに思ったのだろうとも、別の場所で幸せに過ごす
ことを約束して旅立ったのだ、とも想像できるが。

この世に生きていて80年以上がたち、体も動きにくく
なり、あちこちが衰えてきて自由が利かなくなってくる・・・
そんな状況の中、何を思いこのようなことに及んだの
だろうか。

我が身を振り返れば、まだまだ現役とは言え、それほど
遠くない未来に同じような状況がやってこないとも
言い切れず、いつかは似たようなところに行き着くの
だろうと思うと、まったくの他人事としても捉えられない。

子供が手を離れ独立し、夫婦だけになって迎える最後の
時、我々は何を思うのだろうか。

この先、決して僕たち一般市民が暮らす環境は楽な方向
には行かない、つまり自助努力と自己責任の御名の下、
弱者を切り捨て、強者が強者のために作る社会が待って
いる。(と言うより、このままではそうなってしまう)
給料は上がらず、負担が増え、退職した後も年金が出ず、
もう動けなくなるまでひたすら働くことを必要とされる
社会。その一方で一握りの強者だけがそれまである程度
の範囲の人も享受できていたことを独占し、それを守る
ためにさらに壁を高くするだろう。

先に何が見えるか?虚無でしかないように思った一件だった。
心が痛む。
スポンサーサイト


テーマ:社会ニュース - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://soulblessed.blog27.fc2.com/tb.php/23-cf8d8675
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。